Home » 環境 » Staff BLOG

Staff BLOG

Ultrabookがやってきた。

Intelが提唱するUltrabookがやってきました!
HP Folio 13-1000です。


7万円ちょっとで128GB SSD&4GBメモリ&Win7Homeです。かなり厳しいスペックだったネットブックと違い、外出時に使う分には必要十分なスペックです。128GB SSDのMacBook Air(11万)と比べると4万弱もお得です。但し、画面解像度が1,366 x 768(MacBook Airは1,440 x 900)と小さく(特に縦に小さいので使いにくいです)、液晶の奇麗さも段違いです。いずれは、事務所全体をMacOS+VMware Viewにしたいなぁと思っていますが、今現在はMacOSマシン(Macキーボード)に切り替えるのは現実的ではないためWindowsマシンというところは長所です。


でも、さすがHP、やってくれました。今時、モバイルPCにこの電源はないですよ。ぶっといケーブルに加え、洗濯機じゃあるまいしアース線なんか付けますか普通?。万が一、漏電した場合の免責を狙っているとしか思えません。。。。ひどいです。

コストパフォーマンスが良く必要十分だと思いますが、私自身は13インチMacBook Air 256GBを使わせていただいている事に感謝する気持ちになる製品でした。

beats audio

事務所にクライアントPCを1台追加。

ビジネス用PCのラインナップは、アルバトロスで使う解像度2560×1440(WQHD)のモニターに対応させたビデオカードを積もうと思うと、ワークステーションモデルとなって高価になりすぎるので、最近はHPの個人用PCに3年保証を付けて買っています。

ごく普通に使うクライアントPCなんですが、スペックはCore i7、メモリー12GB、HDD1TBと、一昔前の気分ではビックリなハイスペック。クライアントPCでも作業は全て仮想化で複数OSを立ち上げて行いますので、メモリ12GBはありがたいですが、Core i7や 1TB HDDは、なんかもったいない気分。。。

届いた本体をふと見てみると、beats audioのロゴが・・・さすが個人用モデル。スピーカーもつけず、完全無音で使うPCなのに、あーもったいない。

モニターはコストパフォーマンスに優れたIPS液晶のDELL U2711を使っていますが、次からはPLS液晶のSAMSUNG S27A850Dが良いかもしれません。

契約書印紙が不要&紙資料の電子保管が可能に

最近発見して使える!と思ったサービスが「ネットなつ印」です。

年間31,500円のサービスなのですが、
・契約書の印紙が不要に
・注文書などの紙資料をスキャンして電子保管することが可能に
という利点があります。

建設、広告、芸能、システム開発など、特定の協力会社とプロジェクト毎に委託契約書を交わすような業種は、契約書にはる印紙代がかさみます。また、契約書を作って製本して送って返送を待って保管して・・・という手間もかかります。このサービスを双方が契約してくれれば、印紙代は不要になり、事務の手間も減らせます。

また、会社は税務調査に備え、見積書、注文書、申込書、納品書、請求書などの書類を保管しないといけないのですが、何年もになるとかなりの保管場所が必要になりますし、オフィスに普段全く開けないキャビネットが並ぶことにもなります。電子帳簿保存法に規定されたフルカラー200dpiでスキャニングしてバージョン管理(簡易グループウェアについている機能などを利用)するのはいいとして、それに電子署名・タイムスタンプをするのを要求するのは、必要性は分かるものの、システム構築費用が格段に高くなるため現実的ではないと考えていましたが、このサービスで安く実現できるので俄然現実的になってきました。

昨日、サービス提供会社さんにお邪魔してその他懸念事項(請求書に連番などがついてしまう?サービス提供会社にデータが保存されてしまう?)などを確認しましたが、特に問題ない設計でした。同様のサービスはNTT Communications系の会社やセコムなどが提供していますが、お高く大会社向けでしたので、中小企業向けでは今のところ日本唯一ではないかと思います。このサービスが有名になり、多くの会社が使い、色々な会社が競合サービス(電子署名を付けたファイルの規格はオープンなものなので)を作ってくれればいいと思います。
例:CECTRUSTセコムe文書

参考:国税関係書類のスキャナ保存について

| 契約書印紙が不要&紙資料の電子保管が可能に はコメントを受け付けていません。

弥生会計の部門削除方法

弥生会計の部門をプロジェクト管理で使っている方など特に、過去の期の部門を削除したいけれど、残高が残っていると言われて削除できないなんていう場合があります。そんな時は、このテクニックで。

「各部門の残高を事業所残高に反映する」を選択して翌年度更新することがポイントです。

失念していたTipsでしたが、昨日、お客様に教えていただきました!

| 弥生会計の部門削除方法 はコメントを受け付けていません。

弥生シリーズ無料体験セミナー

弥生株式会社と共催で、弥生シリーズ無料体験セミナーを行っております。

2011年7月15日(金)
13:30~14:30 弥生会計
15:00~16:00 弥生給与

2011年8月9日(火)
13:30~14:30 弥生会計
15:00~16:00 弥生販売

詳しくはこちら。

| 弥生シリーズ無料体験セミナー はコメントを受け付けていません。