Home » 環境 » Staff BLOG » Staff BLOG » 2.0 Terabyte

Staff BLOG  - ENTRY -

2.0 Terabyte

3年前に購入して使ってきたファイルサーバーが一杯になってきましたので、Netbloomさんにお願いして新しく大きいものへと更新しました。選んだのは、出荷開始されたばかりのTera Station PRO TS-RH2.0TGL/R5です。容量は2.0TB・・・Megabyte(MB)を卒業してGigabyte(GB)を卒業して、ついにTerabyte(1000GB)の単位になりました!。500MBで大容量HDDと言っていた大学1年生時代、ここまではありえんだろうという冗談でSunのSolaris SPARCワークステーションにTeraという名前がつけられていましたが、まさか現実にTeraという単位を使うこととなるとは・・・。そのうち、200TBの容量を持ったiPhoneを気軽に持ち歩くようになるかもしれませんね。

夕方から始めた更新作業ですが、フォルダ単位で細かくユーザー毎のアクセス制限をかけてあったり、データ量は程々でもファイル数が膨大にあったりとで、深夜12時近くになっても作業は終わらず・・・このまま2~3時位までかかりそうだったので、サーバーに作業指示だけかけておいて翌朝私がマウント&ネットワークドライブ割り当てなどを行いました。

Tera Station、ユーザー認証はWindows2003 Serverで管理するActive Directoryに統合されていますが、Sambaで動かしているため、Windowsサーバー内のHDDをファイルサーバーとしていたものに比べ、フォルダー毎のセキュリティ設定などで勝手が少し違いました。でもまぁ、GUIの管理メニューもそこそこ直感的に使え必要十分です。

なお、Tera Stationの設定をいじっていると、時々ネットワークへの瞬断が発生し、ファイルサーバーから直接起動している会計ソフトなどが落ち、途端、事務所内に発生するブーイングの嵐。。。でも、設定を終えたら、今迄同様全く普通に使えました。ギガビットLANで動かしますし速い速い。プレッシャーがある職場ですから、せめてIT環境ではストレスを感じたくないと思う私、スピード&容量共に、ストレスフリーのファイルサーバー導入でした。次の更新は何年後でしょう?。

CIMG5148